ほろ酔い気分の31歳バツイチ女性の艶めかしいカラダを思うままに弄びました。やっぱり花よりエッチです。

一ヶ月ぶりの更新になります。

気がつけば、桜は散り始め緑の葉が目立ってきました。
花見シーズンが終わろうとしています。

寂しい気持ちもありますが、春といえば「出会いの季節」です。
どんな出会いが待っているのか、今からワクワクドキドキです。

女性は年齢を重ねるごとに性欲が増すらしいです。
僕はその女性に負けないくらい性欲が増し続けています。
エロオヤジ全開です。

薫さんという恋人がいながら、いろいろな女性に目移りして困ります。
正直、薫さんとのSEXに刺激はなくなりました。

会うたびにSEXしていた頃から比べると、めっきりSEX回数は減りました。
僕の性欲を満たしてくれるのは、おのずと恋活サイトで出会った女性です。

先週は、31歳のバツイチ女性と花見デートしました。
「お花見したいけど一緒に行ってくれる相手がいない」という彼女からのメッセージは僕を興奮させました。
彼女からのメッセージが何を意味しているのか直感でわかりました。

さっそく彼女をお花見に誘いました。
お花見スポットで知られている日本庭園に行きました。

驚いたのは外人観光客の多いことです。
もしかしたら、日本人よりも外人さんの方が多いような気がしました。
日本庭園にいると、時間がゆっくりと過ぎていく感じがして心が和らぎます。

背は高くスラッとしたスタイルにすっきりした顔立ちの彼女。
彼女は誰よりも目立っていました。
彼女と連れ添い歩いていることが少し自慢気に思いました。

ゆっくりとお花見散歩し、それからお酒を飲みに行きました。
お酒が弱いらしく、彼女の頬はあっというまにサクラ色に染まりました。

彼女が酔い潰れる前に、早くスタイル抜群の彼女のカラダを拝みたいと思いました。
ほろ酔い気分のままホテルへ行きました。

少しお酒が残っている彼女のカラダは艶めかしく美しいの一言でした。
僕はそのカラダをまんべんなく舌と指で弄びました。

しっとりした喘ぎ声がたまらなく興奮を掻き立てました。
すっかり僕に身を委ねた彼女は、僕の思うままでした。

気づいた時には、シーツは乱れ、ぐっしょりと濡れていました。
激しく悶え喘ぎながら、彼女は何度も昇天したのでした。

やっぱり花よりエッチですかね。

↓春は出会いの季節です。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ