清楚で美人で真面目な女性と横浜デート。29歳の彼女は30歳を前に処女を捨てることを決意。

◇30手前の処女のOL(29)の場合。

メッセージ交換中は、頻繁にやり取りをしていたわけではなかったので、そのうち自然消滅するだろうと思っていました。
どうせ消滅するんだったら、最後に思い切ってデートに誘ってみようと思いました。
メール内容から想像していたとおり、真面目でおとなしそうな女性でした。
そして予想以上の清楚な美人の出現に、僕は彼女にひとめぼれをしてしまったのでした。

デート場所は横浜を選びました。
横浜をあちこち散策しながら、彼女の心の内を探っていました。
おしゃれな店で食事しながらの会話タイム。

見かけによらず、彼女はスポーツが大好きでした。
今も、月数回テニスをしているということでした。
メダルラッシュで盛り上がったオリンピックのことを話す彼女の目は輝いていました。
スポーツ全般が好きなようで、僕以上に詳しくてスポーツに関しては彼女に脱帽でした。

シーバスを楽しんだ頃にはすっかり意気投合し、まるで恋人同士のような気分でした。
それから恋人気分のままディナーを楽しみました。
お酒も入り、2人の距離はますます縮まってきました。

彼女は今まで男性と真剣にお付き合いしたことがないと告白しました。
まさか処女?
彼女と今スグにでもSEXがしたくなりました。
酔いにまかせて、暗に彼女をホテルに誘ったのでした。

どことなく緊張の面持ちの彼女を優しく抱きしめました。
唇をそっと重ねながら、彼女の服を脱がしていきました。
彼女の白く締まったカラダが僕の目の前にありました。

かぶりつきたい欲望を抑えつつ、ていねいに彼女のカラダを愛撫していきました。
彼女のアソコは溢れんばかりの愛液で濡れていました。
クリトリスをゆっくりと弄ぶように舌と指で愛撫しました。
彼女の顔はみるみるうちに紅潮していきました。

あっという間でした。
か細い喘ぎ声を上げながらイッてしまいました。
ゆっくりとバギナに指を入れていきました。
彼女の顔は引きつっているようでした。
それが痛みに耐えているのか、快感に耐えているのかよくわかりませんでした。

ゆっくりと指の出し入れをしながら彼女の様子を見ていました。
しばらくして素早く指を出し入れすると、ぐちゃぐちゃぐちゃといやらしい音が鳴り響きました。
たっぷりの愛液と控え目な喘ぎ声が妙に興奮を掻き立てました。

興奮MAXのムスコをバギナに突き刺しました。
彼女は思わず大きな喘ぎ声を上げました。
彼女の表情を見ながらピストン運動を続けました。

彼女の顔はもう昼間の顔ではありませんでした。
快楽にどっぷりと浸かっている彼女の表情が何故かとても愛おしく思えました。
それはきっと彼女が処女だったからです。
30歳を前にして、男を知っておこうと決意した彼女が愛おしく思えたのです。

彼女は、ぐったりとベッドで横たわったままでした。
29歳にして初めて知るSEXの快感の余韻に浸っているようでした。

29歳の処女も味わい深くいいものです。
ちなみに彼女、いつもオナニーで性欲を解消しているそうです。

彼女には、結婚願望もなければ、特別彼氏も要らないそうです。
SEXを覚えてしまった彼女は、これから出会い系サイトに頻繁に現れることでしょう。
処女をなくしたばかりの清楚で真面目な美人がSEX目的で出会い系サイトに滞在しています。
彼女と出会えたら男性は超幸運ですよ。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

アダルトブログランキングへ 人気アダルトBLOG

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ