パイズリ強要に献身的に応えてくれたパイズリ初体験のFカップの派遣社員の女性。

◇Fカップの派遣社員(26)の場合。

その日は、風邪気味で体調がイマイチでした。
せっかくのデートなのに、性欲の減退を心配していました。
しかし、彼女に会った瞬間からその心配は消えました。
パーカーからのぞく胸元に目が釘付けになってしまいました。
Fカップはあるであろう胸のふくらみは、まるで僕を挑発しているようでした。

洋服を脱ぐと、期待通りのド迫力のおっぱいが目に飛び込んできました。
居ても経ってもいられず、そのおっぱいに飛びつきました。
柔らかくて弾力のあるおっぱいを思う存分揉み続けました。
彼女はすでに、イキそうな表情をしていました。
おっぱいを揉みながら乳首に吸いつき舌で転がすと、ため息のような喘ぎ声を洩らしながら、彼女はカラダを震わせました。
おっぱいを十分すぎるくらい愛撫され、彼女はもう恍惚状態でした。

その後、執拗な手マンとクンニ責めで何度も絶頂した彼女は、しばらくベッドに横たわって動きませんでした。
ぐったりした彼女の口に硬直したペニスを押し込みました。
ねっとりフェラを味わった後、彼女にパイズリを強要しました。
初体験とは思えないほど、献身的なパイズリでした。

騎乗位になった彼女は、髪をかき乱し、おっぱいをユサユサ揺らしながら腰を振るのでした。
性欲全開の僕は、風邪気味で体調が悪かったことなどとうに忘れていました。
絶え間なく続く激しいSEXに、彼女は失神スレスレのイキまくりでした。
彼女と別れた後も、彼女のおっぱいの感触が、しばらく手のひらから離れませんでした。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

アダルトブログランキングへ 人気アダルトBLOG

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ