アヌスを弄られることに悦びを感じる25歳の劇団員女性と初アナルSEX。悲鳴にも似た喘ぎ声が部屋中に響き渡りました。

◇アナルSEXが好きな劇団員(25)の場合。

女優を目指して、アルバイトをしながら劇団員として活動している彼女。
ハーフっぽい端正な顔立ちにすらっとしたスレンダーボディの持ち主でした。
彼女はその外見からは想像できない性癖を持っていました。
彼女はアヌスを弄られることに悦びを感じるアナルSEX大好きな女でした。

豊かでハリのある胸、引き締まったお腹、くびれたウエスト。
劇団員である彼女は、日頃から体を鍛えているとのこと。
彼女のナイスボディを独り占めできる幸せを感じながら、弄りまくりました。
きれいに手入れされた陰毛の先の秘密の花園は、蜜でたっぷりと潤っていました。
舌と指でねっとり愛撫。
蜜はお尻の穴まで潤していました。
お尻の穴を指で愛撫する。
ここで彼女はアヌスを弄られるのが大好きと告白しました。
元彼にアナルSEXを強要されてから、やみつきになってしまったとか。

アヌスに指を入れこねくり回し、そして指をそっと出し入れする。
喘ぎ声を上げる彼女に、さらに指で2穴責め。
ここで一大決心をしました。
そんなにアヌスが好きなら、アヌスに僕のムスコを挿入してやろうと思いました。
ローションをたっぷり塗り、人生初のアナルSEXを試みました。
彼女のアヌスは慣れたもので、意外とすんなりと挿入できました。
膣より締めつけが強く、いつも以上に興奮しました。
ゆっくりとピストン運動する。
彼女の呼吸がだんだん荒くなっていくのがわかりました。
しだいにピストン運動を速めていく。
悲鳴にも似た喘ぎ声を上げ快楽を満喫していました。

さらに愛液にまみれたアソコに興奮度MAXのムスコを挿入。
そこにはもはや端正な顔立ちの彼女はいませんでした。
わめき喘ぐ彼女のエロ顔に興奮しながら、ガンガン突きまくりました。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

アダルトブログランキングへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ