バイブ持参の主婦とドライブデート。たちまち車の中はパンティー脱ぎ捨てた主婦のオナニーショー。

◇オナニー大好き主婦(32)の場合。

毎日欠かさないというほどのオナニー好きの主婦に、冗談半分で「いつも使っているバイブをデートの時に持ってきて」というメッセージを送ってみました。

予想していた通り、彼女はバイブ持参でやってきました。
車を走らせてほどなく、バイブを持参してきたことを嬉しそうに話す彼女。
にんまりしながら僕はハンドルを握っていました。

しばらく国道沿いを走っていると、助手席の彼女はおもむろにバイブを取り出しスカートの中に突っ込みました。
彼女のオナニーショーの始まりでした。

外の景色など見向きもせず、彼女はひとりオナニーの世界に入りこんでいきました。
息は荒くなっていき、やがて車の中は彼女の喘ぎ声で充満していきました。

気がつけば彼女のパンティーは僕の膝の上に乗っていました。
カラダをピクつかせながらイク様子を、僕は運転席から見守るだけでした。

彼女の喘ぎ顔に気づいた人はおそらく何人もいたことでしょう。
そんな彼女の大胆かつ淫乱な行為をまのあたりにして、僕は我慢の限界に達しました。

車を人気のない側道に停め、助手席の彼女に強引なキスをしました。
スカートの中をまさぐれば、ぐっしょりと濡れたオ○○コがチ○ポを心待ちしていました。

勃起したチ○ポをしごいてもらいながら、ホテルへ一目散。
ホテルに入ると、我慢の極限に達していた二人はお互いの体を貪り合いました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

アダルトブログランキングへ @With 人気Webランキング

「後ろから入れて」と四つん這いでお尻を突き出し、びしょびしょのオ○○コを見せつける結婚2年目の社長夫人。

◇浮気症の社長夫人(27)の場合。

彼女は結婚2年目の若妻でした。
結婚2年目で出会い系サイトを利用するなんて、いったいどんな奥さんなんだろうか、興味は募るばかりでした。
写メが送られてきた時は、喜びが爆発しました。
なぜなら、僕の好きな木村文乃ちゃんに似ていたからです。
時間の経つのがこんなに遅く感じたことはありませんでした。
待ちに待ったデートの日、僕の目の前には写真のイメージのままの彼女が立っていました。

なんて自分は幸運な男だと思いました。
早くSEXがしたいというのが素直な気持ちでした。
はやる気持ちを抑えながら食事に誘いました。
新婚生活について聞いてみました。
旦那はひと回り以上年齢差がある中小企業の社長というから、彼女は社長夫人ということです。
旦那は経営者として仕事中心の毎日、家をあけることが多いということでした。
普段かまってやれない分、好きなようにさせてくれると言うのですから、なんて寛大な旦那でしょうか。
年齢差があるからなのでしょうけど、それに甘えて浮気をしているイケナイ若妻なのでした。
元々男好きのうえに、若さを持て余しているのだから、浮気も仕方ないですかね。
それにしてもこの木村文乃ちゃん似の若妻が、まさかの社長夫人で浮気症とは。
外見とはかけ離れたキャラのギャップがさらに興奮を掻き立てました。

微乳の胸と控えめなお尻、とても色っぽいカラダとは言い難いが、スレンダーで色白のボディはまぶしくておいしそうでした。
結婚する前は相当男と遊んだらしく、男を悦ばすテクニックはお手のものでした。
舌技が得意なようで、キスにしてもフェラにしても舌使いが絶妙でした。
顔から足の指、さらにはお尻の穴の中までなめ尽くすと、「精液を飲ませて」とばかりにバキュームフェラ。
あえなく口内発射してしまいました。

バック派だという若妻は「後ろから入れて」と四つん這いでお尻を突き出して、びしょびしょのオ○○コを見せつけるのでした。
腰を振りながら乱れまくる若妻は、「イイ、イイ」を連発しながらイキまくるのでした。
若妻とのSEXは高揚感あふれるSEXでした。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

アダルトブログランキングへ @With 人気Webランキング

清楚で美人で真面目な女性と横浜デート。29歳の彼女は30歳を前に処女を捨てることを決意。

◇30手前の処女のOL(29)の場合。

メッセージ交換中は、頻繁にやり取りをしていたわけではなかったので、そのうち自然消滅するだろうと思っていました。
どうせ消滅するんだったら、最後に思い切ってデートに誘ってみようと思いました。
メール内容から想像していたとおり、真面目でおとなしそうな女性でした。
そして予想以上の清楚な美人の出現に、僕は彼女にひとめぼれをしてしまったのでした。

デート場所は横浜を選びました。
横浜をあちこち散策しながら、彼女の心の内を探っていました。
おしゃれな店で食事しながらの会話タイム。

見かけによらず、彼女はスポーツが大好きでした。
今も、月数回テニスをしているということでした。
メダルラッシュで盛り上がったオリンピックのことを話す彼女の目は輝いていました。
スポーツ全般が好きなようで、僕以上に詳しくてスポーツに関しては彼女に脱帽でした。

シーバスを楽しんだ頃にはすっかり意気投合し、まるで恋人同士のような気分でした。
それから恋人気分のままディナーを楽しみました。
お酒も入り、2人の距離はますます縮まってきました。

彼女は今まで男性と真剣にお付き合いしたことがないと告白しました。
まさか処女?
彼女と今スグにでもSEXがしたくなりました。
酔いにまかせて、暗に彼女をホテルに誘ったのでした。

どことなく緊張の面持ちの彼女を優しく抱きしめました。
唇をそっと重ねながら、彼女の服を脱がしていきました。
彼女の白く締まったカラダが僕の目の前にありました。

かぶりつきたい欲望を抑えつつ、ていねいに彼女のカラダを愛撫していきました。
彼女のアソコは溢れんばかりの愛液で濡れていました。
クリトリスをゆっくりと弄ぶように舌と指で愛撫しました。
彼女の顔はみるみるうちに紅潮していきました。

あっという間でした。
か細い喘ぎ声を上げながらイッてしまいました。
ゆっくりとバギナに指を入れていきました。
彼女の顔は引きつっているようでした。
それが痛みに耐えているのか、快感に耐えているのかよくわかりませんでした。

ゆっくりと指の出し入れをしながら彼女の様子を見ていました。
しばらくして素早く指を出し入れすると、ぐちゃぐちゃぐちゃといやらしい音が鳴り響きました。
たっぷりの愛液と控え目な喘ぎ声が妙に興奮を掻き立てました。

興奮MAXのムスコをバギナに突き刺しました。
彼女は思わず大きな喘ぎ声を上げました。
彼女の表情を見ながらピストン運動を続けました。

彼女の顔はもう昼間の顔ではありませんでした。
快楽にどっぷりと浸かっている彼女の表情が何故かとても愛おしく思えました。
それはきっと彼女が処女だったからです。
30歳を前にして、男を知っておこうと決意した彼女が愛おしく思えたのです。

彼女は、ぐったりとベッドで横たわったままでした。
29歳にして初めて知るSEXの快感の余韻に浸っているようでした。

29歳の処女も味わい深くいいものです。
ちなみに彼女、いつもオナニーで性欲を解消しているそうです。

彼女には、結婚願望もなければ、特別彼氏も要らないそうです。
SEXを覚えてしまった彼女は、これから出会い系サイトに頻繁に現れることでしょう。
処女をなくしたばかりの清楚で真面目な美人がSEX目的で出会い系サイトに滞在しています。
彼女と出会えたら男性は超幸運ですよ。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

アダルトブログランキングへ @With 人気Webランキング

おしとやかで清楚な彼女と、野外セックス大好き変態女のギャップに大興奮。運転中にもかかわらず・・・。

◇カーセックスが大好きな病院職員(30)の場合。

待ち合わせ場所に現れたのは、おしとやかで清楚な雰囲気が漂う素敵な女性でした。
今回のデートコースは彼女からのリクエストでした。
まずは日本庭園で季節の花々を鑑賞しました。
それから下町情緒あふれる街並みを散策しました。
はじめは表情も硬く口数も少なかった彼女も、しだいににこやかな表情を見せてくれました。

散策が楽しくて、いつのまにかかなりの距離を歩いていました。
ほどよく疲れた後は、お酒を飲みながらまったりとした時間を過ごしました。
彼女はお酒は強いらしく、お酒が入っても何も変わりませんでした。
酔った彼女を見たかったという思いは空振りに終わりました。
だけど、お酒を飲んだことで、次のデートを期待させるほどに、彼女との距離が一気に縮まったことは確かでした。

1週間後、彼女と再会しました。
彼女がドライブしたいということで、2回目のデートはドライブに行きました。
その日の彼女は、はじめからにこやかで1週間前とは違う雰囲気が漂っていました。
カジュアルなファッションに身を包んだ彼女は爽やかで素敵でした。

高速道路で郊外へ車を飛ばしました。
SAで食事をした後、さらに車を進めました。
高速を降り、道なりに進んでいくと、しだいに人家もまばらになっていきました。
ここから、彼女の突然の変貌に度肝を抜かれることになります。

彼女は突如、運転中の僕の股間に手を伸ばし、触り始めてきました。
あっけにとられながらも、僕は興奮を隠すことはできず勃起してしまいました。
すると、彼女はズボンのジッパーを無理やり下ろし、勃起したモノを取り出ししごき始めました。
僕はあわてて、道路から少し脇道に入った林道に車を停めました。
彼女の暴走は止まりませんでした。
時々、車の往来はあったが、彼女は気にするでもなくフェラをし続けました。
彼女の容赦ないフェラに発射寸前でした。

彼女はおもむろにスカートとパンティを脱ぎ始めました。
ミニバンの後部座席を倒すと、その上で大股開きをして、僕を挑発してきました。
僕は我慢できず、びしょ濡れの彼女のアソコにかぶりつきました。
彼女はいやらしい喘ぎ声を上げて、悶え始めました。
前回のデートで見せていたおしとやかで清楚な彼女はそこにはいませんでした。
車体が揺れるほど激しいSEXをしました。
いつもと違う興奮に、外の様子など気にすることなく、2人はSEXに没頭しました。

帰りの車の中でも、停車する度にキスをしました。
そして、気持ちよさそうに彼女はオマ○コを弄くりまわしていました。
彼女の家まで送ることにしました。
彼女の家近くのファミレスで食事をしながら、今日の出来事などを話しました。
そこで、はじめて彼女は野外セックスが大好きだと告白しました。
カーセックスは日常的にやっていると言っていました。

1回目のデートの時は、酒を飲んでも本性をさらすことはなかった彼女。
2回目のデートは驚くことばかりでした。
おしとやかで清楚な彼女と、カーフェラとカーセックスが大好きな変態女のギャップにたまらなく興奮を覚えました。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

アダルトブログランキングへ @With 人気Webランキング

カラオケとSEXが大好きな女性公務員。愛撫されながらも歌い終えた彼女の顔はすっかりアへ顔になっていました。

◇一人カラオケが大好きな公務員(33)の場合。

保健所に勤務する彼女は大のカラオケ好き。
それも一人カラオケ。
誰に気兼ねすることなく、好きな歌を思いっきり歌いたいからだそうです。
彼女の意向でまずはカラオケに行くことにしました。

目がクリっとしたとても可愛い女性。
どこか女優の夏菜に似ていました。
さすが彼女と僕は同世代。
好きなアーチストがMr.Childrenで一致しました。

一人カラオケするぐらいだから、上手いだろうとは思っていました。
のびやかな歌声と圧倒的な歌唱力。
予想以上に歌が上手くて、度肝を抜かれました。

僕は聞くことに専念しました。
といっても、ただ大人しく聞いているはずはありません。
彼女の歌っている姿をいやらしい目で舐めるように見ていました。
彼女のスカートからのぞく太股にたまらなく興奮を覚えました。
彼女が歌に集中していることをいいことに、彼女に密着し膝の上に手をのせました。

そしてごく自然にゆっくりと彼女の膝上部分を撫でていきました。
彼女は気づいている様子はまったくありませんでした。
勇気を出し、思い切って手をスカートの奥に忍ばせていきました。
半ば強引だったが、一番奥まで手を伸ばすことができました。
そして彼女の一番奥の大事な部分をそっと撫でてみました。
それでも彼女は歌を歌い続けていました。
やがて、音程が微妙に揺れているのに気づきました。
彼女は僕が愛撫しているにもかかわらず最後まで歌い続けました。
歌い終えた彼女の顔はすっかりアへ顔でした。

体を抱きよせキスをしました。
うっとりとした彼女は、すでに僕のなすがままになっていました。
胸を揉みながらパンティーを脱がしていきました。
彼女のアソコは溢れんばかりに濡れていました。
クリトリスを愛撫しながら指を挿入しました。
愛撫が激しさを増すと、息を殺しながら2度もイッてしまいました。

僕はズボンを下ろし、ムスコを彼女の顔に押し当てました。
彼女はテーブルにあったおしぼりで、ムスコをていねいに拭きました。
それから大きな口を開けてムスコをしゃぶり始めました。

カラオケボックスでSEXする勇気はさすがにありませんでした。
場所をラブホに移し、カラオケボックスの続きをやりました。
彼女は熱く燃えるような激しいSEXがお好みでした。
彼女の外見からは、とてもSEX好きには見えませんでした。
そのギャップがたまらなく興奮を増長させました。

彼女はカラオケと同じくらいにSEXが大好きでした。
結婚願望はなく、特定の彼氏はいないという彼女。
出会い系サイトでこっそりと自由恋愛を楽しむSEX好きの公務員でした。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

アダルトブログランキングへ @With 人気Webランキング

アヌスを弄られることに悦びを感じる25歳の劇団員女性と初アナルSEX。悲鳴にも似た喘ぎ声が部屋中に響き渡りました。

◇アナルSEXが好きな劇団員(25)の場合。

女優を目指して、アルバイトをしながら劇団員として活動している彼女。
ハーフっぽい端正な顔立ちにすらっとしたスレンダーボディの持ち主でした。
彼女はその外見からは想像できない性癖を持っていました。
彼女はアヌスを弄られることに悦びを感じるアナルSEX大好きな女でした。

豊かでハリのある胸、引き締まったお腹、くびれたウエスト。
劇団員である彼女は、日頃から体を鍛えているとのこと。
彼女のナイスボディを独り占めできる幸せを感じながら、弄りまくりました。
きれいに手入れされた陰毛の先の秘密の花園は、蜜でたっぷりと潤っていました。
舌と指でねっとり愛撫。
蜜はお尻の穴まで潤していました。
お尻の穴を指で愛撫する。
ここで彼女はアヌスを弄られるのが大好きと告白しました。
元彼にアナルSEXを強要されてから、やみつきになってしまったとか。

アヌスに指を入れこねくり回し、そして指をそっと出し入れする。
喘ぎ声を上げる彼女に、さらに指で2穴責め。
ここで一大決心をしました。
そんなにアヌスが好きなら、アヌスに僕のムスコを挿入してやろうと思いました。
ローションをたっぷり塗り、人生初のアナルSEXを試みました。
彼女のアヌスは慣れたもので、意外とすんなりと挿入できました。
膣より締めつけが強く、いつも以上に興奮しました。
ゆっくりとピストン運動する。
彼女の呼吸がだんだん荒くなっていくのがわかりました。
しだいにピストン運動を速めていく。
悲鳴にも似た喘ぎ声を上げ快楽を満喫していました。

さらに愛液にまみれたアソコに興奮度MAXのムスコを挿入。
そこにはもはや端正な顔立ちの彼女はいませんでした。
わめき喘ぐ彼女のエロ顔に興奮しながら、ガンガン突きまくりました。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

アダルトブログランキングへ @With 人気Webランキング

日本庭園内でオナニーをし、ノーパンにミニスカートで街を歩き回る29歳の歯科衛生士の女。

◇露出癖のある歯科衛生士(29)の場合。

都内にある有名な日本庭園を散策。
時間が止まっているような静寂な空間は、殺伐とした世の中を忘れさせてくれました。
庭園内をひと通り見回ったところで、ベンチに腰掛けてひと休みすることにしました。
このあと、僕は日本庭園にそぐわない光景を見てしまうのです。
なんと彼女は膝上10cmほどのミニスカートの中へ手を忍ばせ、オナニーを始めました。
土曜の昼下がりに、しかも由緒ある日本庭園で。
予期せぬ行為に、ひとり悦に入っている彼女をただ見守るだけでした。
そのうち、下着が濡れてしまったからと、下着を脱いでしまいました。
さらに、彼女は僕の股間に手を伸ばしてきました。
ベンチは庭園を拝観するコースから外れているとは言え、時々拝観者が目の前を通りすぎます。
彼女がさらにエスカレートする危険を感じ、庭園を出ることにしました。

食事する店を探し歩きました。
僕は不安と興奮が同時に襲ってきました。
なぜなら、ミニスカートの中はノーパンだったからです。
店に入っても、お客さんに気づかれやしないか気が気ではありませんでした。
彼女はワザと脚を広げてイスに腰掛けていました。
彼女には露出癖があったのです。
そんなことは一言も聞かされておらず、ただただ戸惑うだけでした。

強引にホテルに誘いました。
庭園での続きとばかりに、激しく濃厚なオナニーを見せてくれました。
露出癖の他にも変な性癖があるのではと想像したが、オナニーショーをみせてくれた以外はノーマルなセックスでした。
実は、彼女が本領を発揮するのは屋外でのセックスだったのでした。
なんと日常的に屋外でセックスしていると言うのです。
青姦に抵抗がある僕は、彼女の要望に応えることはできませんでした。
しかし、今まで経験したことのない興奮を覚えたのは事実です。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

アダルトブログランキングへ @With 人気Webランキング

パイズリ強要に献身的に応えてくれたパイズリ初体験のFカップの派遣社員の女性。

◇Fカップの派遣社員(26)の場合。

その日は、風邪気味で体調がイマイチでした。
せっかくのデートなのに、性欲の減退を心配していました。
しかし、彼女に会った瞬間からその心配は消えました。
パーカーからのぞく胸元に目が釘付けになってしまいました。
Fカップはあるであろう胸のふくらみは、まるで僕を挑発しているようでした。

洋服を脱ぐと、期待通りのド迫力のおっぱいが目に飛び込んできました。
居ても経ってもいられず、そのおっぱいに飛びつきました。
柔らかくて弾力のあるおっぱいを思う存分揉み続けました。
彼女はすでに、イキそうな表情をしていました。
おっぱいを揉みながら乳首に吸いつき舌で転がすと、ため息のような喘ぎ声を洩らしながら、彼女はカラダを震わせました。
おっぱいを十分すぎるくらい愛撫され、彼女はもう恍惚状態でした。

その後、執拗な手マンとクンニ責めで何度も絶頂した彼女は、しばらくベッドに横たわって動きませんでした。
ぐったりした彼女の口に硬直したペニスを押し込みました。
ねっとりフェラを味わった後、彼女にパイズリを強要しました。
初体験とは思えないほど、献身的なパイズリでした。

騎乗位になった彼女は、髪をかき乱し、おっぱいをユサユサ揺らしながら腰を振るのでした。
性欲全開の僕は、風邪気味で体調が悪かったことなどとうに忘れていました。
絶え間なく続く激しいSEXに、彼女は失神スレスレのイキまくりでした。
彼女と別れた後も、彼女のおっぱいの感触が、しばらく手のひらから離れませんでした。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

アダルトブログランキングへ @With 人気Webランキング

プロフ写真はギャル系女子。会ってみて仰天、ナチュラルメイクが可愛い22歳の心優しい女の子だった。

◇ギャル系アパレルショップ店員(22)の場合。

プロフィールの写真は、ギャルそのものでした。
アイメイクのせいなのか目がやたらと大きい。
ギャルと聞くと化粧が濃くて、バカっぽくてうるさい。
そんなイメージを持っていました。
正直、ギャル系女子は苦手でした。
彼女に会おうと思ったのは、ただ単に興味本位だけでした。
ところが、彼女を見て一気にテンションが上がってしまいました。

待ち合わせ場所に現れたのは、僕が知っている彼女ではありませんでした。
別人かと思うほどに、写真の彼女とは違っていました。
そこに立っていたのは、自然なメイクでとてもかわいらしい女の子でした。
女性は化粧ひとつでこうも変わるものなんだと再認識させられました。

歩きながらおしゃべりをしました。
彼女がとても緊張しているのがわかったし、僕もかなり緊張していました。
ぎこちないおしゃべりをしながら気づきました。
彼女は素直で心優しい女の子だということを。
プロフィール写真だけで、ギャル系女子と決めつけた自分が恥ずかしく思いました。

お酒を飲みながらゆっくりと話すことにしました。
2ヶ月前に彼氏に捨てられ、今は出会い系サイトで彼氏を募集していると悪びれずに話す彼女。
彼女にモテるでしょうって振ってみました。
彼女は、モテないしナンパもされたことがないと謙遜気味に答えていました。
近頃の若者は、こんなに可愛い女の子をナンパしないのでしょうか。
草食男子が増えていると聞いてはいるけど。
いつのまにか、彼女を応援する飲み会になっていました。

どんどんお酒が進んでいきました。
意外にも彼女はいける口でした。
彼女は若い男よりも年上の男性に魅力を感じると言っていました。
嬉しいことに、ひと回りも違う僕も恋愛対象に入るそうです。
だから、僕とデートしてくれたのだとその時気づきました。
気分良く飲んでいるうちに、時間が経つのも忘れてしまいました。
若い女の子と2人で、これほど気持ち良く飲んだことはなかった気がします。

彼女と2度目のデートで、めでたくエッチすることができました。

アダルトブログランキングへ @With 人気Webランキング

清楚な女中学教師は淫乱なオナニー狂。「見てて」とカラダをくねらせながら悶えまくる。

◇オナニー狂中学教師(36)の場合。

実は、彼女に会うまで彼女が中学教師ということを知りませんでした。
職業欄には公務員とありました。

彼女から返信がきたのは、アプローチしてから1ヶ月以上後のこと。
彼女とは縁がなかったということであきらめかけていました。

返信が遅かった割には、メッセージ交換から会うまでにそれほど時間はかかりませんでした。
公務員というとちょっと堅いイメージがあったが、会って見ると気さくで明るい女性でした。

美人系の顔立ちに、シックな感じの服装が清楚な雰囲気を醸し出していました。
カフェでゆっくりと話をすることにしました。

初対面とは思えないほどリラックスできたのは、彼女の明るさのおかげでした。
話が仕事のことになった時、はじめて彼女が中学教師だということを知りました。

僕は興奮を隠すのに必死でした。
教師が出会い系サイトを利用しているとは思いもしませんでした。

平静を装って、彼女の話に耳を傾けました。
専門は国語で、担任を受け持っているらしいです。

よくぞここまでというくらい、教師の内情やプライベートなことを話してくれました。
自分の時間が取れないほど忙しく、生活指導や進路指導など精神的負担も多いということでした。

教師という職業、想像以上にストレスが大きいと感じました。
36歳まで独身を貫いているのは、単に理想の男性に巡り会っていないとか。

ホテルに入ってからの彼女は、とても教師とは思えないほど変貌しました。
ベッドの上に乗った彼女は、いきなり下着姿のままオナニー。

「見てて」と言いながら、慣れた手つきで胸とアソコを同時に弄くりまわしました。
カラダをくねらせながら悶える姿に圧倒された僕は、彼女の行為を見ているだけで興奮が絶頂に達していました。

素っ裸になった彼女は、胸を揉みながらクリトリスをこねくり回しました。
その手は激しさを増し、やがて絶叫の喘ぎ声を上げながらオーガズムに酔いしれていました。

彼女はほぼ毎日のようにオナニーをしていると言っていました。
家ではバイブも使うらしいです。

びっしょりになったアソコに興奮しきったムスコをぶち込むと、オナニーでぐったりしたカラダが目を覚ましました。
彼女は髪を振り乱しながら、恍惚の階段を駆け上がって行きました。

ひとりの清楚な中学教師の実体は、オナニー狂の淫乱女だったのでした。
快楽に溺れていく彼女の表情を見ながら思いました。
教師だってひとりの女、出会い系サイトを利用したって何の不思議はないと。
出会い系サイトには彼女のように教師を職業としている女性が、ひょっとしたらたくさん紛れ込んでいるのかもしれません。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

アダルトブログランキングへ @With 人気Webランキング
サブコンテンツ

このページの先頭へ