アソコの濡れ具合や感じ方から近所の人妻は性欲に飢えているのがわかりました。

このあいだは、久しぶりに近所の人妻サユミさんのオ○ンコを弄りました。

濡れ具合や感じ方からわかったことは、サユミさんは性欲に飢えていたことです。

近いうちにまた連絡が来るんじゃないかって思っていました。

が、ここ2週間連絡がありません。

やはり、旦那の出張待ちなのかもしれません。

サユミさんは旦那とどんなSEXをしているのか気になります。

嫉妬とかではなくて、ただの興味本位です。

サユミさんは今何をしたいのでしょうか。

連絡が来るのを楽しみに待つことにします。

ここ最近、出会い系サイトで若い女性ばかり探索しています。

けっして人妻に飽きたわけではありません。

今の私はピチピチしてみずみずしい若い女性に夢中です。

デートするなら、もちろんSEXありきのデートがベストです。

でも若くて可愛い女性とデートできるだけで十分に満足感を味わえます。

今の若い女性は、自由恋愛を楽しむ傾向にあるらしいです。

SEXありきのデートに応じてくれる若い女性がたくさんいても不思議ではありません。

デートでSEXできる確率が高いのはやはり人妻でしょう。

人妻の多くはSEX目的で出会い系サイトを利用しているからです。

なにはともあれ、デートは楽しくなくちゃ意味ないですね。

↓お気に入りの女性と楽しいデートしましょ!

家近くの夜の公園にて。手探りで見つけたクリトリスを指先で小刻みに震わすように刺激するとあっという間に昇天。

若い独身女性とのデートが続いたことで、予想外の心境の変化が現れました。

人妻以外はさほど興味なかった僕が、若い独身女性に強く魅力を感じ始めていたのでした。

そんな時、近所の人妻サユミさんから突然の連絡がありました。

しかも「今すぐ会えない?」と言ってきたのです。

平日の夜9時を過ぎていました。

心中穏やかではありませんでした。

サユミさんの家の近くの公園で会うことにしました。

初めて屋外SEXをしたあの公園です。

面と向かって会うのはほぼ3ヶ月ぶりでした。

季節こそ違うけど、あの時の情景が甦ってきました。

あいさつ代わりなのでしょうか、サユミさんはいきなりキスをしてきました。

久しぶりに会えた恋人同士のようでした。

舌を絡め合い、吸い合い、激しく互いを確かめ合いました。

気づけば、僕の手はサユミさんのスカートの中にありました。

パンティーの中に指を入れ、十分に潤ったオ○ンコを弄り回しました。

突然のことで、屋外SEXする覚悟はありませんでした。

せめてサユミさんをイカせてやろうと思いました。

手探りでクリトリスを見つけ、指先で小刻みに震わすように刺激すると、あっという間でした。

サユミさんは全身の力が抜けたかのように、ぐったりとベンチに腰を下ろしました。

旦那は地方出張でしばしば家を空けることになりそうだと話してくれました。

このことは、これからも関係を続けていきたいというサユミさんの意思表示でもありました。

近所の人妻といかがわしい関係を続けることは高リスクを伴います。

それを十分承知の上で、しばらくサユミさんと関係を続けようと思います。

地獄に落ちないことを願いながら。

↓日本屈指の人気優良出会い系サイトです

変態化した近所の人妻サユミさんが旦那とのノーマルなセックスに満足するはずはないのだが・・・。

いまだに近所の人妻サユミさんから連絡がありません。

連絡できる状況下にないのか、わざとじらしているのか、いろいろなことを考えてしまいます。

サユミさんが旦那とどんなセックスをしているのかも気になります。

アブノーマル化したサユミさんがノーマルなセックスに満足するはずはないのですが。

私としてはノーマルでもアブノーマルでもいいから、もう一度サユミさんに会いたいです。


前回の若い独身女性とのデートは新鮮でした。

今回のデートも人妻ではなく、26歳の保育士とのデートです。

デートOKまで時間はかかったけど、その分コミュニケーションを充分取ることができました。

初対面とは思えないくらいにリラックスしていて、お互いに笑顔で会うことができました。

暗い性格の私まで明るくしてしまうほど、彼女は底抜けに明るい女性でした。

彼女の愛らしい笑顔と楽しいおしゃべりに、日頃のストレスも吹っ飛びました。

初夏にふさわしいさわやかなデートでした。

もちろんSEXを期待していなかったわけではありませんが。

何よりも心が満腹になりました。

↓満足度100%の人気優良出会い系サイトです

熟した果実も新鮮でフルーティな果実もそれぞれ味わいがあって美味しい。

普段は通らない近所の人妻サユミさんの家の前の道路を、最近はよく通ります。

旦那が帰ってきてからのサユミさんの動向が気になって仕方ないからです。

見た感じでは、ごく普通の家庭生活を送っているようです。

あのサユミさんが普通の主婦をしているなんて信じられないけど、きっと旦那の前ではそうなのでしょう。

サユミさんはこれまでの関係を続けていきたいと言っていました。

でもこの先どうしたいのか私には見当がつきません。

サユミさんからの連絡を心待ちしている今日この頃です。

サユミさんとご無沙汰している間、人妻ではない若い女性とデートしました。

人妻好きの私ですが、若い独身女性もたまにはいいものです。

熟した果実も新鮮でフルーティな果実もそれぞれ味わいがあって美味しいです。

出会い系サイトは圧倒的に独身女性が多いです。

人妻に限定せずたくさんの女性と出会えたらと思っています。

↓満足度100%の人気優良出会い系サイトです

近所の人妻の旦那が突然海外赴任を終えて帰国。不倫関係は解消かと思いきや・・・。スリル満点な展開です。

「明日会える?」
近所の人妻サユミさんからの急な誘いに一瞬戸惑いましたが、会うことにしました。
急な誘いはサユミさんに何か異変が起きたのではと考えました。

日曜の午後、一緒にランチを取りました。
いつものデートとはまったく違う雰囲気でした。
サユミさんが何を言うのか固唾を呑んで待ちました。

いつになく真面目な顔をしてサユミさんは話し始めました。
サユミさんの話は突然の帰任辞令で旦那が帰ってくるというものでした。

これを機に、二人の関係を解消したいんだなと思いました。
そういうことなら、私はサユミさんに同意するつもりでいました。

予想に反して、サユミさんはこれまでの関係を続けていきたいと言いました。
かなりのリスクを負わなければならないけど、私はサユミさんに従うことにしました。
スリル満点な展開に少し興奮しました。

サユミさんとノーマルなSEXをするのは久しぶりでした。
それがかえって新鮮でした。

帰ってきたら、変態化していた妻を見て旦那はどう思うのでしょうか。
それともサユミさんは旦那に素の自分を見せないのでしょうか。
実に興味深いです。



今週末は前回デートした24歳の女性と花見に行く予定です。
SEXありきの花見デートはもう目の前です。

↓出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイトです!

変態嗜好の人妻とは真逆の24歳の可愛い女性とSEXのないノーマルデートを楽しみました。

野外でのローターオナニー以降、近所の人妻サユミさんから連絡がありません。
少しほっとしています。
変態嗜好のサユミさんを悦ばすのは大変です。

春が近づくにつれ、出会い系サイトはさらに賑わいを見せ始めました。
今回は気分転換に人妻ではない若い女性をチョイスしました。

久しぶりに若い女性とデートということで、年甲斐もなくワクワクしました。
彼女はペットショップで働いている24歳。
笑顔がとても可愛いい高ランクの女性です。

二人の意見が合致して今回のデートは横浜です。
赤レンガ倉庫でお茶をして、山下公園でまったりして、中華街で食事しました。
お決まりの横浜デートでしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。

SEXのないノーマルなデートは久しぶりで新鮮でした。
でも、次のデートがあるとするなら今度は決めます。

↓日本屈指の人気マッチングサイトです

オ○ンコの中のローターに前のめりになりながら内股で歩く近所の人妻。虚ろ気な目に口は半開き、あっという間に本気モード。

土曜の午後、近所の人妻サユミさんとデートに出かけました。
今回私はサユミさんに内緒で、ある物を用意していました。

サユミさんの野外オナニーを観察するというのが今回のデートの目的でした。
青姦好きなサユミさんは、野外オナニーの指示にも快く受けてくれました。

用意したローターを見た時のサユミさんの嬉しそうなリアクション。
「想像しただけで濡れちゃう」とノリノリのサユミさんでした。

なんとも言えない表情でデパートのトイレから出てきたサユミさん。
オ○ンコの中のローターは正常に作動しているようでした。

このままの状態で街中を歩いてみました。
誰にも気づかれてはなりません。
しかし、思いのほか感じてしまったのかサユミさんの歩き方は明らかに不自然でした。

前のめりになりながら内股で歩くサユミさんを見ながら、私は興奮を抑えきれませんでした。
虚ろ気な目に口は半開きのサユミさんはすでに本気モードに入っていました。

すぐにオナニーできる場所が思い当たらなかったので、デパートのトイレへ駆け込みました。
私はトイレの中でオナニーをしているサユミさんを想像するしかありませんでした。

今回の街中でのローターオナニーは、ちょっと危険を感じました。
快感を抑え切れないサユミさんは、街中であってもあからさまに感じてしまったからです。

とにもかくにもサユミさんが喜んでくれたので、野外オナニー企画は成功だったと言えます。
ちなみに、サユミさんは家でローターオナニー経験ありでした。

↓人妻にも出会える人気優良出会い系サイトです!

次回の変態プレーは近所の人妻の野外オナニーです。

今年初めて、近所の人妻サユミさんから会いたいと連絡がありました。
今度は何を企んでいるのか、楽しみでもあり不安でもあります。

このところ、私はサユミさんに弄ばれてばかりです。
今度は私がサユミさんを弄んでやろうと思います。

ということで、いろいろ考えてみました。
サユミさんが喜びそうなことを考えていたら、SMプレーが浮かんできました。

きっとサユミさんなら、SMプレーに興奮して悦びの悲鳴を上げるのではないでしょうか。
ただ問題なのは、私はSMプレーにまったく興味がないことです。

イメージとしては、縄で縛ったり、ムチで打ったり、ろうそくを垂らしたり。
私にはできそうもないことばかりです。

そもそも、サユミさんはSなんだろうか、Mなんだろうか。
SMプレーは保留します。

以前、サユミさんにノーパンでデートに来るよう指示したことがありました。
その時は、映画館で何度もイカせてやりました。

ひらめきました。
今度はサユミさんに野外オナニーを指示しようと思います。

今度会うのが楽しみです。

↓お薦めの有名人気出会い系サイトです

子持ちの28歳の人妻と昼下がりの情事。濃い陰毛に包まれた秘部はびちょびちょに濡れていました。

痴漢プレイ後、近所の人妻サユミさんとは会っていません。
正月は家族水入らずだったのでしょう。
二つの顔を使い分けるサユミさんのことを怖く思うこともあります。
しかし、人間誰しも表と裏の二面性を持っているものです。
サユミさんは普通の人妻なのかもしれません。

2ヶ月ぶりに新しい女性とデートしました。
お相手はエッチ好きを公言する人妻Aさん28歳。
Aさんは私が利用している出会い系サイトに最近加入してき新人さん。
エッチしてくれない旦那に欲求不満が爆発し、出会い系サイトに挑戦しようと思ったそうです。

やや派手目なところは気になったが、キュートで可愛い人妻でした。
人妻との土曜の昼下がりの情事は刺激的なものでした。
まず驚かされたのはAさんに子供がいるということ。
子供を母に預けて真昼間からSEXに興じる不良妻なのでした。

キュートな容姿に似合わぬいやらしいカラダが私を挑発してきました。
カラダ中の性感帯を確かめるように指と舌で入念に愛撫。
快感に耐えきれず顔を歪める彼女。
濃い陰毛に包まれた秘部はびちょびちょに濡れていました。

秘部の周りを焦らすように丹念に愛撫すると、彼女は我慢できずに私の手をクリトリスに押し当てました。
クリトリスを集中的に虐めると、何とも言えない声を上げイってしまいました。

いやらしく開いた秘部にペニスを押し込むと、嬉しそうな喘ぎ声が部屋中に響き渡りました。
日頃の欲求不満をぶつけるように、激しく腰を振りながらSEXに没頭する彼女。
それに応えるように、私はガンガンと突きまくりました。

子供の元に帰っていくAさんの背中を複雑な思いで見送りました。

↓私のお気に入りの優良サイトです
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

満員電車に揺られること30分。痴漢は現れず、結局近所の人妻サユミさんと痴漢プレイする羽目になりました。

何かとせわしないこの時期に、近所の人妻サユミさんからの指令を決行しました。
結論から言えば指令は失敗に終わりました。
指令というのは、サユミさんが満員電車で痴漢に遭遇し、痴漢に弄ばれている一部始終を私が見届けるというものです。

満員電車といえば、朝のラッシュ時間です。
いつもの出勤時間よりも30分早い時間に、サユミさんと駅で待ち合わせました。
指令は、私の最初の乗り換え駅までと決めました。

乗り換え駅まで快速で約40分。
その間に、はたして痴漢と遭遇するだろうか。
ハラハラ、ドキドキしながら2人電車に乗り込みました。

電車内は、いつものように満員でした。
サユミさんは痴漢に意識してか膝上丈の短めのスカートでした。
私はサユミさんのすぐ斜め後ろに陣取りました。

5分、10分と何事もなく時間は過ぎていきました。
そして20分、30分・・・。
満員電車だからきっと痴漢に遭遇するいうサユミさんの読みは大外れでした。

乗り換え駅まであと10分ほどのところです。
待ちくたびれたかのように、サユミさんが目で私に合図してきました。
私は、瞬時にサユミさんの心の内を察しました。

私の手はサユミさんのお尻に触れていました。
カバンで隠しながら、私はスカートの上からサユミさんのお尻を撫で始めました。
そして、私はスカートの中に手を忍ばせました。

パンストの下はパンティーははいていませんでした。
私は、乗り換え駅に到着する10分ほどの間に、サユミさんのアソコを愛撫し続けました。
サユミさんが感じているのは、パンストの具合でわかりました。

時間が少しあったので、乗り換え駅の改札口を出ました。
サユミさんは、痴漢に遭遇しなかったことを本気で残念がっていました。
私は、相手がサユミさんとはいえ、痴漢プレイをした自分が恥ずかしく思いました。

濡れたままのサユミさんが、そのまま素直に家に帰るとは思えませんでした。
いつもより重い足取りで、私は会社に向かいました。

↓私のお気に入りの人気優良サイトです
 

サブコンテンツ


このページの先頭へ